インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

あなたもDIYしたくなる?最新トレンドの無垢材ダイニングテーブルを自分で作るという選択

テーブル脚 口型スチール脚

人気高級ブランドで有名な無垢材のあのテーブル。
欲しいけれどそれなりの値段がします。美しい仕上がりの高級無垢材ダイニングテーブルですから当然です。今回ご紹介は、最新トレンドの人気テーブルを自分で作れるかもしれないという気にさせる「ロ型スチール脚」のみのセットです。
この商品を掲載しているのは九州大川家具系ショップの「家具のルーム工房」さん。家具ショップでありながらトップページにいきなり「DIY工房」のバナーが…。作ってもらう気マンマンなんですけど(笑)。

他にも木製脚や耳付の天板用の無垢材がビックリするようなお手頃価格で掲載されています。耳付材には「プロが使う家具の材料」とわざわざご丁寧な但し書きがあります。プロに売るというよりは「わかっている人」「DIYのベテラン」に買って欲しいということなんだと思います。
敷居はちょっと高いですが、自分で作れるノウハウを持っていれば驚異的なコストパフォーマンスで、最新トレンドの無垢材ダイニングテーブルを作る事が出来るわけです。

テーブル脚 口型スチール脚

天板を付けるとこんな感じです。(イメージをお借りしました)

鬼目って何っていう人は止めといた方がいいかも(笑)

この「ロ型スチール脚」ですが、当然天板は別売りで付いていません。ご自身で天板を用意する必要があります。
説明ではジョイントボルトを入れ、天板側の「鬼目」と連結とあります。ここで「鬼目」って何?という人は、もしかしたら厳しいかもしれません。
DIYで「鬼目ナット」の取付けに慣れている人なら問題ないでしょう。直に木ねじをねじ込むこともおそらく出来るとは思いますが、使われる天板材の状態等も影響するとは思いますので、皆様の経験値でご判断ください。

調べてみたところ、どうやらこの脚にはジョイントボルトと鬼目は付属していないようです。(他の木製脚には付属部品の説明がありますので)。もし、サイズのあったパーツが欲しい場合はショップにお問い合わせしてみるのもよいかもしれません。
腕に覚えのある方はチャレンジしてみては?

テーブル脚 口型スチール脚

 

Ads

-ダイニングテーブル