インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

絶えず進化する超人気ソファroop/ループの世界

ループソファ

roopは、芸術的な曲線美を持つso-fa-sのオリジナルデザインのロングセラーソファです。
とにかくデザインのインパクトが強くて、初めてこのソファを見た時、なめらかな座面のカーブとスパッと裁ち落とした平面のディティールが対照的というか、思い切りが良いと言うか、正直なところ好き嫌いがはっきりしそうなソファだと思いました。
しかし、roopは大ヒットしたんですね。今ではroopシリーズはロングセラーソファとなり、多彩なバリエーションを持つまでになりました。カッコだけの見た目重視のソファだと思われがちですが、実際の使い心地と見た目のデザインの両立を目指したじっくり作り込まれたソファであることが認められたということでしょう。購入された方の多くは見た目のデザインで惹かれるのですが、実際の座り心地の良さにも高い評価をされています。

roop/ループシリーズの原点。roopソファは144種類の素材とランクが選べる。

roopシリーズのフラッグシップモデルと言って良いでしょう。見た目のデザインのインパクトと座り心地を両立しているのは言うまでもありません。一見硬そうに見えますが、10cm位の厚みでクッションが入っています。座り心地にも定評があります。
サイズもワイド153cmでゆったり目の2Pサイズ。144種類のソフトレザー、張地が選べます。roopのコンセプトをじっくり楽しめる完成度の高いシリーズです。ご紹介しているCclassはちょうどミドルクラスのソファになります。roopにはS、A、B、C、D classと五つのクラスがあり、それぞれ生地のグレードが違います。Sクラスが一番高級タイプでアルミニウム製の脚になります。

ROOP ループ ソファ C-class

 

少し小ぶりでコストパフォーマンス抜群のRea-roop/リアループ

ループソファ

優れたコンセプトのroop/ループですが、決して安いお値段ではありませんよね。なかなか手が出ない人もいるかもしれません。Rea-roop/リアループはサイズをコンパクトにして素材を統一することで、価格を押さえることに成功しています。roopのように144種類の素材は選べませんが(Rea-roop/リアループは5色対応)、充分にroopのコンセプトを楽しめるソファではないでしょうか?

Rea-roop リアループ

 

roopの遺伝子を受継いだ本格的ロータイプソファのLow roop/ローループ

ループソファ

Rea-roop/リアループのロータイプバージョンがLow roop/ローループです。ただ低くしただけでなく、roopシリーズのコンセプトがしっかりと息づいているソファとなっています。ローソファというと安価なクッションを並べたようなソファをよく見かけますが、Low roop/ローループはroop同様にしっかりとした木枠構造と、ウェービングゴムバネや高密度ウレタンフォームを使っています。クッションのヘタリに強いわけです。また、お気付きになるかどうかわかりませんが、このローソファ、ちゃんと脚があります。床に直置きではありません。ベタっと床に張り付いたままだとカビや汚れが気になりますから。

Low roop ローループ

 

Rea-roop/リアループがコストパフォーマンスを維持したまま3人掛けになった!

ループソファ

Rea-roop/リアループが多彩なバリエーションを持ちました。限定色のストライプ柄のStriroop/ストライループ。
ご紹介は3人掛けタイプですが、2人掛けやカウチ、コーナーなど多彩な組み合わせを楽しめます。コストパフォーマンスの良さはそのままにroopの世界がお部屋全体に広がっていくわけです。組み合わせた時のストライプの流れがすごくおしゃれだと思いました。

全てを網羅できたわけじゃないですが、roopソファの魅力。少しでも伝わりましたでしょうか?気になった人は、販売元のso-fa-sさんを是非チェックしてみてください。

Striroop ストライループ 3人掛

 

Ads

-ソファ, デザイナーズ家具