インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

まるで翼を広げたような姿の美しいガラステーブル「PEGASUS/ペガサスダイニングテーブル」

2014/02/09

E&Y-PEGASUS-DINING-TABLE

PEGASUS/ペガサスという名前がついたガラスダイニングテーブル。
名前の通りに翼を広げたようなイメージのデザインですが、プライウッドと呼ばれる曲げ木加工をした積層合板をシームレスに繋いでいます。どこがどうなっているのかイメージではわかりにくいですが、6枚のパーツから構成されています。

デザインは英国デザイナーのアレックス・マクドナルド/Alex Macdonald。ブランドはE&Y。東京から国内外の優秀なデザイナーの作品を発信している注目のファニチャーブランドです。

デザインと耐久性を両立した完成度の高いダイニングテーブル

プライウッドは有名デザイナーズ家具でも良く使われています。
高価な一枚板の無垢材が手に入りにくかった時代に、安価な薄い板を何枚も張り合わせた合板を使うようになったのが始まりと言われています。また、薄い板の積層構造は曲げ木技術の発達にも影響しました。ようするに曲げやすかったのです。
ミッドセンチュリーの時代は工業化の始まりの時代でもありましたから、耐久性が高く、加工しやすく安価なプライウッドを使った大量生産はまさに時代の必然でもありました。

プライウッドは廉価版から有名デザイナーズ家具まで多くの家具で利用されています。
有名どころではイームズやヤコブセンの名作チェアなどがありますが、美しい曲げ木加工のプライウッドの特徴を生かしたコンセプト重視の家具が多いのが特徴でしょうか。
耐久性も高いので今回ご紹介のPEGASUS/ペガサスのガラステーブルなど非常にマッチしていると思います。コストパフォーマンスも良好でE&Yブランドの中では手に入りやすい価格になっています。

ペガサスダイニングテーブル160/E&Y PEGASUS DINING TABLE 160

 

Ads

-ガラステーブル, デザイナーズ家具
-,