インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

業務用テーブル脚とお気に入りの天板を組み合わせて自作サイドテーブルを作ってみる

業務用テーブル脚

家具には一般の家庭用家具とは別に、業務用の家具が存在します。
「業務用家具」とか「店舗家具」のことです。事務所や飲食店等の文字通り業務現場で使われる為に設計された家具のことを差します。また、業務用家具だけでなく店舗やオフィス等のデザインコンセプトも含めたトータルコーディネートを行うことを総じて「コントラクト事業」と言い、そこで登場する家具のことを「コントラクト家具」と呼んでいます。
最近注目を浴びている家具メーカーは様々なデザインコンセプトで家具ブランドを立ち上げています。家具をコンセプトから作り上げる能力はそのままコントラクト事業へ展開も可能になっていきます。一般消費者の目に触れることは少ないかもしれませんが、家庭用と業務用家具を両方手掛けている家具メーカーは意外と多いんですね。

このような業務用家具と一般のご家庭で使われる家具とは何が違うのでしょうか。最大の違いは「丈夫で頑丈なこと」でしょう。
まあ、考えてみればそうですよね、カフェ等で毎日営業されていれば一般家庭とは比較にならないほどハードに使われます。チェアひとつでも、毎日毎日いったい何人のお客に座られるのでしょうか。まったく想像がつきませんが、一般家具とは違う尺度が必要になるのは当然かもしれません。実際に業務用家具は家庭用より耐久性を重視した設計になっていて、厳しい耐久検査をクリアしたものが使われています。何も知らずに一般家庭用の家具を業務に使って、厳しい使用状況に耐えられずに使用中に破損なんてことになったら、怖いですからね。

では、その逆はどうなんでしょうか。業務用家具を一般家庭で使うというのは?
今回は、そんな観点で業務用家具を調べていたら、気になる家具(の一部?)を見つけたのでご紹介したいと思った次第です。例によって前置きが長くてすいません。ご紹介は業務用テーブルの脚です。脚だけです。天板は付いていません。

業務用テーブル脚

サイドテーブルに最適なコンパクトな業務用テーブル脚でむちゃくちゃ丈夫

サイドテーブル用にちょうと良さそうなコンパクトなスチール製テーブル脚です。
ご紹介の業務用家具の専門店「家具匠」さんのサイトには、丸型脚や角型、十字脚など様々なタイプの業務用テーブルが脚があります。カラーもいくつかのバリエーションがご用意されています。
このテーブル脚を使って、お気に入りの天板を付けてみてはどうでしょうというのが今回のご提案。サイドテーブル用ですとおそらく40cm径くらいの天板になると思いますが、東急ハンズとか、お近くの木材屋さん等で様々な種類の木材から選ぶことができます。お値段も結構お手頃な価格で販売されています。これをご自身でテーブル脚に取り付けるわけです。

実は、私は1万円前後の木製サイドテーブルを購入したことがあります。丸い天板に1本脚で丸い土台ベースという今回ご紹介のテーブルに近いフォルムをしていました。コストパフォーマンス重視の選択だったのですが、大失敗しました。丸い天板やベース脚の取付けが甘く、グラグラして安定感が無くガッカリでした。
この業務用テーブル脚を使えば、グラつきの無いしっかりとしたサイドテーブルが完成します。安定感、強度は抜群です。

業務用テーブル脚

高さを自由に指定できるのが大変うれしい!

インテラボでも何度もご紹介しているサイドテーブルですが、ソファ脇で上手く使うお話を何度かさせていただきました。
ソファの横で単なる「飾り台」にしてしまうのではなく、パソコン作業やカフェ、読書等を積極的に楽しめる場所として使おうというご提案です。使い勝手を左右する重要なスペックは「高さ」。お使いのソファとのバランスです。サイドテーブルの天板高をソファの肘掛けアームを少しまたがる程度の高さに設定すると、サイドテーブルを手前まで引寄せることが出来ます。つまりソファに座った状態で膝の近くまでテーブルを寄せることが出来るのでパソコン作業等が可能になるわけです。

当然これを実現するには自由に高さ設定が出来る事が前提になりますが、ご紹介の業務用テーブル脚は700mmまでなら5mm刻みで設定が可能です。使いやすい高さの丈夫なサイドテーブルがお好みの天板素材で作れます。DIY好きのあなた。挑戦してみてはいかがですか?
掲載の「家具匠」さんのページには、高さ指定の方法が詳しく解説されていますのでそちらもご参照下さい。

大和金属ラウンドS7360テーブル脚

大和金属YS7350テーブル脚 ベース350φ

大和金属GG2560テーブル脚十字脚

 

Ads

-サイドテーブル