インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

引き出しの位置が移動できるBOSCOの自然派オイル塗装のリビングデスク

朝日木材加工 BOSCO デスク

BOSCO/ボスコは朝日木材加工という家具メーカーのブランドです。BOSCOだけでトータルコーディネートができるほどのラインナップを持っており、今回ご紹介のデスク以外にもソファやダイニング、リビングボードやシェルフなど多彩な商品バリエーションがあります。
どの家具にも共通しているのはBOSCOのブランド名の語源になった「森林(イタリア語)」のコンセプト。自然派のオイル仕上げのニヤトー無垢材(一部突板)を使った家具づくりが基本となっていて、どの製品もやさしいナチュラルテイストが魅力となっています。
天然木を使って高い質感を実現しているのにも関わらず、比較的お求めやすい価格帯を実現しているのもBOSCO/ボスコの大きな魅力のひとつです。有名家具チェーンなどでも多数取扱いがあり、人気の高い「売れ筋ブランド」のひとつと言って良いでしょう。
今回のご紹介はBOSCO/ボスコの多彩なバリエーションの中では、ちょっと「異端な?」たった一つだけあるデスクです。それも一般的な学習デスクではなくて、大人がリビング等で使うことを想定したデスクなんですね。

引き出し全体を左右にスライド移動できる仕組みが面白い大人のリビングデスク。

お子様が使う学習デスクでもなく、ご主人様が使う書斎デスクほど大げさでもない。リビングに置いても違和感のない、大人がおしゃれに使える高い品質とデザインのデスク。それが「リビングデスク」です。インテラボでも何度かご紹介していますが、最近は様々な家具メーカーから高品質なリビングデスクが続々と発売されています。

今回ご紹介のBOSCO/ボスコシリーズのデスクも、ニヤトー材のオイル仕上げのナチュラル感と、大人がリビングで使える品質の高さが魅力なんですが、加えて、面白いギミックも内臓されています。天板下の引き出し全体が左右にスライド移動できるようになっています。
これって、何が良いのかというと、デスクの座る位置に合わせて引き出しも使いやすい位置に移動できることと、同シリーズのサイドワゴンがスライドして空いた空間にぴったりはまるように出来ていて、左右を簡単に入れ替えることができるってことなんです。

朝日木材加工 BOSCO サイドワゴン

サイドワゴンもBOSCO/ボスコシリーズらしい大人っぽいデザインが魅力。キャスターが見えないように「隠しキャスター仕様」になっています。リビングで使うのに学習デスクの様なキャスターが丸見えではちょっと興醒めですよね。さすがBOSCO/ボスコ。よくわかっていらっしゃる(笑)。できればデスクとサイドワゴンを揃えて使っていただけると、このデスクの良さがいかされると思います。
ご紹介は東京インテリア系列のルーエプラッツ/Ruheplatzさんからになります。興味のある方は是非チェックしてみてください。

朝日木材加工 BOSCO デスク OD50303Q-OM000

朝日木材加工 BOSCO サイドワゴン OW50101L-OM000

 

Ads

-デスク
-,