インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

本物の古材を使ったBIMAKESのオールドチークダイニングテーブル

オールドチークテーブル

古材家具が相変わらずの人気です。
一時のブームかと思いきや、なかなかの展開ぶり。衰える気配はまったくありません。最近になって古材家具を扱うブランド、増えていませんか?
個人的にはうれしくなっちゃいますね。

古材家具は欲しいけど、ボロボロの家具が欲しいわけじゃないんです。

古材家具とひとことで言っても、いろいろなレベルというか状態の家具が存在します。中には本当にボロボロの古材をそのまま活かした超ハードな「リアル古材」家具のシリーズも存在します。足場板古材系の中には使われていた時のペンキ等をわざとそのまま残してテーブルにしてしまう「豪の家具」もあるほどです。でもこれはこれで根強い人気があるんでよね。

しかし、ほとんどの人はそこまでハードな古材家具は求めていません。古材家具に求めている物は「古くて新しい」肌触りの良い木の温もりなんです。真新しい木材を古材風にわざとキズを付けるヴィンテージ加工(エイジング加工)という加工法がありますが、これなんかもそうです。ピカピカの家具では無くて、長い間大切に使ってきたようなやさしい風合いが欲しいんです。

古材で一番人気のオールドチーク材を使ったダイニングテーブル

今回ご紹介のBIMAKESのオールドチークダイニングテーブルは寺院等の良質な柱などから厳選したオールドチークが使われています。職人が丁寧にオイルフィニッシュで仕上げています。
もちろん古材ですので細かい割れやヒビがあるかもしれませんが、本物の古材を使っているダイニングテーブルとしてはキレイな仕上がりのテーブルだと思います。デザインもオーソドックスで使いやすく、コストパフォーマンスも良好です。

BIMAKES(ビメイクス)OLD TEAK TABLE 135 オールドチークテーブル135

 

Ads

-古材家具
-